menu

ヘッジファンドにおけるおすすめ会社ランキング

ヘッジファンドにおけるおすすめ会社ランキング

おすすめされる理由がヘッジファンドにはある

ヘッジファンドの「ヘッジ」には、「避ける」という意味がある。

つまり、資産運用においてヘッジファンドとは「リスクをできるだけ軽減する」という行為を軸にした運用なのである。

ヘッジファンドとは、もともと富裕層に対して作られたものであり、ヘッジファンドで運用するとなるとかなりの資金が必要になってくる。

ただ、だからといって富裕層じゃない自分には向いていない運用だとは思うのは間違っている。

職に就いている者には誰でも退職金というものを受け取る権利があり、富裕層でなかろうとその受け取るタイミングがヘッジファンドを行うにはぴったりなんじゃ。

また、もうすでにヘッジファンドを行う資金の余裕があるなら、ヘッジファンドはおすすめじゃ。

高額の資金が必要になる分、安全性の高い運用な上に、十分な利益を上げられる可能性が高い資産運用なんじゃ。

この記事では、ヘッジファンドとは一体何なのかという詳しい説明に始まり、国内と海外のヘッジファンドにおける比較、最後には儂がおすすめするヘッジファンド会社をランキング形式で紹介するぞ。

それではいこう。

ヘッジファンドについて分かりやすく解説

ヘッジファンドとは

まず、ヘッジファンドとは投資家たちから資金を集めて、それを投資のプロが投資家たちの代わりに投資を行い、利益を追求しながら様々な商品に分散して投資を行う、というものじゃ。

投資信託について知識がある方なら、ここまでの説明までではあまり投資信託との違いがないように見えるじゃろう。

しかし、実際には違いが存在し、ヘッジファンドならでは特徴や問題点も存在する。

それでは、まずはヘッジファンドの特徴について見ていくとしよう。

ヘッジファンドの特徴

まず、特徴の1つ目として、なんといっても高額の投資金が必要になるということじゃ。

かなりの資金が必要になるから、ヘッジファンドの中には相応の金額を持っているであろう富裕層や機関投資家にしか基本的に募集をかけていない私募ファンドも存在するんじゃ。

もちろん、誰にでも募集をかけている公募ファンドも存在するから、もし退職金を運用する場合でもヘッジファンドを利用することはできる。

次に、特徴の2つ目として、ヘッジファンドでは成功報酬制をとっているということじゃ。

これは投資信託との大きな違いの1つじゃな。

ヘッジファンドではこの制度があるゆえに会社側も利益を上げるために必死であり、本気度が他のプロに任せる金融商品とは違う。

つまり、プロの中でも特に腕のあるプロが集まった集団なので、かなり信頼でき、よりリターンが期待できる運用である。

特徴の3つ目は、レバレッジをかけることができるということじゃ。

レバレッジを活用することで、元本の数十倍の金額で取引を行い、利益も数十倍に膨らますこともできるんじゃ。

一方で、このレバレッジをかけるということは失敗した時のリスクも大きくなるから、かなり注意が必要じゃな。

次に特徴の4つ目が、自動的に分散投資してくれるということじゃ。

運用資金をプロが様々な商品に分散して運用を行ってくれる。

複数の運用を行っておけばな、1つの運用で損が生じた場合でも残りの運用次第では全体としては損にならないこともある。 

また、合計として損になったとしても集中投資の場合よりも損失額を抑える効果が期待できる。

そして最後じゃが、5つ目は運用手法の多様性じゃ。

これも投資信託との違いの1つなんじゃが、ヘッジファンドによる資産運用では投資商品の制限がほとんどなく、あらゆる手法が可能じゃ。

投資信託は国の許可を得て運用しているので、国から規制をかけられた商品を扱うことができない。

一方で、ヘッジファンドはもともと個人向けの商品であったために、国からの規制がほとんどないので、には、投資信託では扱えない高リターンの商品を扱うことができるんじゃ。

これらが、ヘッジファンドの大きな特徴じゃ。

ヘッジファンドでは何が何でも収益を出そうという本気度が他の金融商品とは違うのが分かるじゃろう。

次に、このような魅力があるヘッジファンドの購入方法と購入時の注意点について紹介していこう。

ヘッジファンドの購入方法と購入時の注意点

まずヘッジファンドの購入経路として、

・日本国内の証券会社経由
・外資系の金融機関経由
・私募型のファンドとの直接契約

の3つがある。

まず、1つ目の購入方法が日本国内の証券会社を経由して購入するということじゃ。

国内の一部の証券会社には、ヘッジファンドを販売している会社があるんじゃ。

しかし問題点として、国内の証券会社では国が定められたルールにより、ヘッジファンド商品をありのままの形で販売することを禁止されている。

そのため、少しヘッジファンド商品をアレンジしたものを国内の証券会社では扱うため、リターンは低くないんじゃが、純粋なヘッジファンド商品に比べると多少劣ってしまう。

純粋なヘッジファンド商品を購入したい場合これから紹介する2つの方法が良い。

2つ目の購入方法が外資系の金融機関を経由することじゃ。

つまり、海外の銀行口座や証券会社の口座を開設するんじゃ。

外資系の金融機関と聞くと、あまりなじみがないかもしれんが、例えばシティーバンクやシティーグループ証券などと日本に支店を持つものも多く、探せばすぐ見つかるはずじゃ。

特にアメリカに本店を置くプライベートバンクの場合じゃと、複数のヘッジファンドを提携しているから、そのような金融機関の通せばヘッジファンドと契約することができる。

最後に3つ目の購入方法は、私募型のヘッジファンドと直接契約することじゃ。

ここまでに紹介した2つの購入方法には問題点があり、2つとも金融機関を通してヘッジファンドを運用するために、金融機関に対して手数料を支払わなければならない。

私募型のヘッジファンドとでは、金融機関を通した募集は行っていないため、個人でヘッジファンド会社と契約する必要がある。

直接契約を結ぶことになじみがないかもしれんが、国内のヘッジファンドの中にも個人投資家に向けて募集をかけている会社も少なくないんじゃ。

この直接契約の場合、金融機関にかかる手数料を節約することができるのは魅力的じゃな。

国内と海外のファンドではどちらがいいのか

ヘッジファンドの中にも国内と海外のヘッジファンドがある。

ヘッジファンドと言えば、海外のイメージが強いかもしれん。

それでは、実際に国内と海外のヘッジファンドではイメージ通り海外のヘッジファンドの方が勝っているのだろうか。

2つの点からお互いを比較して見ていこうじゃないか。

運用結果に差はあるのか

それでは、まず運用結果について比較していこう。

先述した通りで国内のヘッジファンドは国のルールによって、純粋なヘッジファンドを国内で販売することができない。

そのために、少しアレンジを加えた商品になっている。

海外のヘッジファンドに比べるとリターンに関しては国内のヘッジファンドには少し劣ると言われている。

しかし、ここで少し違う観点から見ていこう。

ヘッジファンドに対するイメージ通り、海外の方が主流であり、国内よりも大きな資金が集まり、その資金を動かしているのがヘッジファンドの現状じゃ。

ここで1つ、日経新聞で取り上げられていた記事の一部の文章を紹介しようと思う。

「ヘッジファンドの運用成績は、資金規模が大型化し、老舗になるほど低下する——。米金融テクノロジー会社パートラックがヘッジファンドの運用資産総額とファンド設定年数をベースに1996年から2010年までの運用成績を比較したところ、こんな傾向が明らかになった」

この文章を見ると、主流であり資金規模が大型化している海外ヘッジファンドに比べて、国内ヘッジファンドの方が劣っているとはいうことはできないと思うんじゃ。

更に、海外のヘッジファンドの利回りは平均的に10%いかないくいじゃが、国内のヘッジファンドには10%を超える会社や更には20%を超える会社も存在する。

儂は国内のヘッジファンドが海外に劣っているとは全く思わんし、むしろちゃんとした会社を選べば海外のヘッジファンド会社に勝るとも思っておる。

購入のしやすさを見てみよう

まず、ヘッジファンド自体大金が必要になる資産運用であるものの、海外のヘッジファンドに比べて国内は最低出資額が低く設定されているものが多い。

国内のヘッジファンドの方が一般的な個人投資家に向いていると思われる人。

また、先述した通り購入方法に関して、国内にしても海外にしても金融機関を通さずに個人で契約した方が手数料がかからずおすすめじゃ。

その際に、海外のヘッジファンドと契約する場合は英語で契約を取らないといけないが、国内のヘッジファンドではもちろん日本語で大丈夫じゃ。

この契約における手間で見ると国内の方が手間かからず安心して契約できるはずじゃ。

国内と海外ではどちらがおすすめか

ここまで述べたように、ヘッジファンドは海外が主流じゃが、国内のヘッジファンドは劣ってるとは言えない。

さらに、購入や契約のしやすさや手間を見ると国内のヘッジファンドをおすすめする。

それでは、次に国内のヘッジファンドにもたくさんの会社が存在し、何がいいのか決めるのは大変だと思うから、儂が色んな観点から見ておすすめできる3つの会社を紹介しよう。

おすすめ会社ランキング

ここでは単におすすめの3つの会社を挙げるのではなく、儂なりに考えたランキングで紹介していこうと思う。

1位:BMキャピタル

堂々の第1位はBMキャピタルじゃ。

この会社は、東大・京大卒で構成された超エリート集団であり、主に銘柄の分析や調査を得意としているんじゃ。

この得意とする分析により、過去に運用成績がマイナスになった年が1度もなく、更には全ての年で利回りが10%を超えているんじゃ。

また、長期投資という点において、過去4年間で見ると、資産価値が2倍になっておるんじゃ。

この会社は、ヘッジファンドにしては珍しい「堅実な投資」を目指しており、リスクが最も少なく安全に利益を得られる会社であるので、一番のおすすめじゃ。

BMキャピタルへのお問い合わせはこちら

2位:M&S

M&Sは2016年に設立されたヘッジファンド会社で、国内ヘッジファンドの中で最も利回りが高い会社になります。

ちなみに2016年にの利回りはなんと45.26%と驚異的な記録をはっきしており、 去年の運用利回りは27.06%と非常に高い利回りが魅力じゃ。

2017年の「AsiaHedge Awards 2017」ではNew Fund of the Yearにノミネートされ、主に国内の割安銘柄をメインに投資を行っており、調査・分析能力に非常に長けておる。

また、投資対象を一部公開しており、透明度の比較的に高い会社じゃ。

まあ、なんといっても利回りの高さが最も魅了的な会社じゃな。

M&Sへのお問い合わせはこちらから

3位:Frontier Capital

まず、Frontier Capitalは2018年から日本人ファンドマネージャーによって運営された非常に新しいヘッジファンド会社である。

もともとは日本株投資で実績のあるヘッジファンドが、更なる利益を得ようと立ち上げた第2号ファンドじゃ。

Frontier Capitalの投資対象は、新興国の株式市場だ。

新興国はこれからの経済の成長が期待されており、現在経済規模での追い上げがものすごく先進国を抜くのも時間の問題とも言われているほどじゃ。

経済の成長が横ばいの安定状態に近い先進国に比べ、新興国の経済成長の上がり方を見れば新興国への投資は利益を狙う対象として適当だと言える。

そして気になるのが利回りだと思うが、2018年の4月~6月までで現地通貨建てで16.6%という驚異的な成績をたたき出しておる。

まだまだこれからの成長も楽しみな会社である。

また、他の特徴としてヘッジファンドには解約できる期間が決まっておる。

海外では基本的に1年に1回じゃが、Frontier Capitalでは4半期に1回解約することができ、資金の流動性がいいのも魅力的じゃ。

このFrontier Capitalは非常に新しいヘッジファンド会社であり、投資対象が新興国市場であることから、これからの成長が非常に楽しみな会社である。

まとめ

ここまでで、ヘッジファンドについて様々なことを紹介してきた。

特にヘッジファンドを行える資金に余裕がある者であれば、間違いなくヘッジファンドはかなり高い確率で高い利回りを手にできるから、おすすめじゃ。

また、先述したようにヘッジファンドでは海外が主流かもしれんが、国内のヘッジファンド会社も劣らず魅力が詰まっている。

お主にとってこの記事が少しでも資産運用、特にヘッジファンドにおける運用を始めるきっかけになれればよいと考えておる。

関連記事としてこちらも読まれているので見てみてほしい。

ヘッジファンドと投資信託の違いとは?一から簡単解説

退職金運用で注意しなければいけないポイントや投資法とは?

The following two tabs change content below.
堀切 一

堀切 一

どうもはじめまして堀切一じゃ。 退職金を受け取ってから資産運用をはじめ、5年経った今ではのんびり孫と過ごしている生活を送れておる。 元々某外資系銀行に勤めていた(M&Aなども経験)と言うのもあり、当サイトで紹介しているヘッジファンドや投資信託の情報は持っていたんじゃ。 儂の運用実績についてはこちらに記載しておるぞ。

退職金運用で注意しなければいけないポイントや投資法とは?退職金運用で注意しなければいけないポイントや投資法とは?

退職金運用の1つ「退職金定期預金」の金利について徹底解説退職金運用の1つ「退職金定期預金」の金利について徹底解説

関連記事

  1. ヘッジファンドと投資信託の違いとは?一から簡単解説

    ヘッジファンドと投資信託の違いとは?一から簡単解説

    ヘッジファンドとはリスクを避ける資産運用会社ヘッジファンドとは、資産運用初心者の人か…

  2. ヘッジファンドと投資信託の比較からそれぞれのおすすめ会社まで完全網羅

    ヘッジファンドと投資信託の比較からそれぞれのおすすめ会社まで完全…

    比較して見えるものとは、ヘッジファンドと投資信託の内情に迫る資産運用において多くの人…

  3. ヘッジファンドとは?運用初心者向けに詳しく解説!

    ヘッジファンドとは?運用初心者向けに詳しく解説!

    運用方法の1つのヘッジファンドを初心者向けに紹介みなさんはヘッジファンドをご存知…

運営プロフィール

PAGE TOP