menu

ヘッジファンドと投資信託の違いとは?一から簡単解説

ヘッジファンドと投資信託の違いとは?一から簡単解説

ヘッジファンドとはリスクを避ける資産運用会社

ヘッジファンドとは、資産運用初心者の人からすればあまり聞きなれない言葉だろう。

しかし、金融界ではとても大きな存在感を放っており、ヘッジファンドがもたらす影響力は無視できないものになっているという。

今現在人気の投資法はFX株式投資になるが、認知度が低いヘッジファンドは為替相場や株式市場を動かす力を持っており、金融のエリートと呼ばれているのだ。

そんな大きな影響力を持っているヘッジファンドを一言で表すと、リスクを避けて利益を求める資産運用会社となるが、この一言だけでは当然どういったものか分からないだろう。

そこで、今回はヘッジファンドの仕組みや特徴について一から理解できるように解説していく。

ヘッジファンドとはどのようなものなのかしっかりと理解し、優秀なヘッジファンドで運用することができれば、通常の何倍もの速さや、規模感で資産形成することができるはずだ。

ということで、早速ヘッジファンドとはといった疑問を解消していこう。

金融のエリートと呼ばれるヘッジファンドの仕組みとは?

ヘッジファンドが金融のエリートと呼ばれていることは上記でも説明した。

そこで、どうしてそのような名がついたのかヘッジファンドの仕組みについて触れていきたいと思う。

そもそもヘッジファンドってなに?

ヘッジファンドとはそもそも何なのか。

資産運用や投資の経験がない人はこのような疑問が最初に浮かぶのではないだろうか?

そこで、簡単にヘッジファンドとはどういったものなのか解説するので、ここから見ていこう。

まず、資金を運用のプロに預けて資産運用を任せることがヘッジファンドのシステムになる。

このような点は投資信託と同じようと言うことができるだろう。

しかし、投資信託とは決定的に違う特徴がヘッジファンドには存在するのだ。

それは、リスクをできるだけ避けて(ヘッジ)利益を追求するというヘッジファンドの資産運用スタイルである。

この特徴が顕著に出た例を挙げると、リーマンショックの先駆けとなったサブプライム問題でのヘッジファンドの運用が有名だろう。

これは、米国投資銀行の多くが大きな損失を被ることになったサブプライム問題の際、ポールソンカンパニーというヘッジファンドが150億ドル(1兆5000億円)の利益を上げたという話だ。

つまり、投資信託では損失を被ることになったが、ヘッジファンドは損失どころか利益を上げることができたと解釈できる。

そして、投資信託ではなくヘッジファンドが利益を挙げることができた秘訣は、上記でも述べた、リスクをヘッジして利益を追求するという運用のスタイルに隠されているのだ。

ということで、ヘッジファンドの資産運用のスタイルから生じる投資信託との違いを次に見ていこう。

投資信託との違いからみる特徴とメリット

ヘッジファンドは独自の運用手法や構造によって大きな利益を上げることができる。

そこで、ここからは仕組みが似ている投資信託と比較しながらヘッジファンドの特徴やメリットについて解説していく。

また、完璧と言われる投資は存在せず、もちろんヘッジファンドにも注意しなければならない点はあるもの。

ということで、ヘッジファンドの課題点も併せて紹介することにする。

運用手法や投資対象などを比較

早速だが、ヘッジファンドの特徴は以下の通りだ。

ヘッジファンドの特徴

・最低投資額 ・募集形式
・主な出資者 ・ビジネスモデル
・手数料の仕組み ・運用手法

ではヘッジファンドの特徴である以上の6つを順に追っていこう。

高額な投資額

投資信託は通常、1万円を持っていれば始めることができる。

しかし、ヘッジファンドは1000万円からといったところが一般的になる。

この特徴は一見するとデメリットのように思われがちだが、年に20%以上もの利益を上げることができるヘッジファンドからすれば、メリットになるものである。

なぜかというと、投資とは元手が大きいほど大きな利益を得ることができるからだ。

もし仮に100万円をヘッジファンドに運用した時、10%の利益が出た場合10万円を収益として受け取ることができるが、元手が1000万円だった場合はその10倍の100万円を受け取ることになる。

そのため、高い利率を誇っているヘッジファンドには元手を大きくした方が受け取ることができる利益が大きくなるのである。

募集形式

投資信託が公募で多くの投資家を募集しているのに対して、ヘッジファンドは私募という形式で少数の投資家を募集している。

そのため、ヘッジファンドは1000万円からという高額な出資額となっているのだ。

また、少数での投資家の資金を運用するということは、次のような特徴が出てくる。

主な出資者

ヘッジファンドの主な出資者は富裕層機関投資家になる。

それもそのはず、募集形式が私募となっており、1000万円という高額な出資額にもなれば、まとまった資金を保有している人物が出資者になるのも当然の流れだろう。

対して投資信託は1万円からでも運用することができるため、個人投資家が一般的な出資者になるのである。

とはいえ、退職金のようにまとまった資金があれば問題なく運用することができ、最近では100万円からでも始めることができるヘッジファンドも出てきているようだ。

ビジネスモデル

投資信託とヘッジファンドではビジネスモデルが全く違っているのだ。

投資信託は相対利益と言い、独自に定めた指標に沿って運用をしていくものになる。

つまり、その指標が仮に5%の損失を示していた時は、4%の損失をした場合でも良しとするということだ。

一方でヘッジファンドは絶対利益というビジネスモデルであり、いかなる状況でも利益を追求していくというものである。

つまるところ、指標を決めることなく、どんな下落相場であっても利益を求めて運用するため、サブプライム問題の際に利益を上げることができたヘッジファンドが存在したのだろう。

手数料の仕組み

ヘッジファンドの手数料は成功報酬という形を取っており、資産運用で得た利益から手数料を徴収するものとなっている。

投資信託では、購入する際に手数料が発生したり、保有しているだけでも手数料が発生することがある。

しかし、ヘッジファンドでは利益を上げた場合にだけ手数料が発生するということだ。

具体的には、年初の運用金額を基準にした成功報酬になるものである。

これは例え、第1四半期で資産が70万円に減少し、次の第2四半期で100万円に運用額が戻ったとしても、年初の設定金額の100万円からは増えてはいないため手数料が発生しないということだ。

そのため、ヘッジファンドの圧倒的な利率は、この成功報酬という仕組みが原動力となっているのだろう。

運用手法

ヘッジファンドは様々な運用手法を駆使して利益を求めていく。

その運用手法の中の1つにレバレッジを使った手法があり、ヘッジファンドは元手を増やすことのできるレバレッジを使った資産運用を行うのだ。

一方で、投資信託ではレバレッジを使った手法は採用されていなく、元手を増やすことのない型にはまった運用を行う。

そもそもレバレッジとは、利益が大きくなる反面、損失も大きくなるものだ。

しかし、失敗するリスクは技術で補うことができるため、金融のエリートが運用を行うヘッジファンドには安心して投資することができるだろう。

以上がヘッジファンドの特徴になるが、投資信託より優れている点は多く見られたのではないだろうか?

とはいえ、ヘッジファンドにも課題点はあるもので知っておく必要があるだろう。

そこで、次はヘッジファンドの課題点を簡単に見ていくことにする。

気になるヘッジファンドの課題点

今までヘッジファンドの特徴としてメリットをたくさん紹介してきたが、もちろんデメリットと言われる課題点は存在する。

ということで、その課題点を早速見ていこう。

マネジャーリスク
優秀なヘッジファンドは年率20%以上のところもあるようだが、実際に運用している人は限られているもの。

天才的な運用を行うことができるマネジャーがそのヘッジファンドをワンマンで経営している可能性があるのだ。

つまり、ヘッジファンドを引っ張っていた天才的なマネジャーがいなくなることで、途端に今までのような成績を出せなくなることが想定されるのである。

このリスクを根本的に避けるためには、ヘッジファンドのマネジャーがどのような人物なのかしっかりとヒヤリングすることが重要となる。

資金の流動性
まず一般的な投資信託はいつでも購入することができ、いつでも売却することができる

一方でヘッジファンドは解約する場合、大きな制約がついていることが多く、いつでも現金化できるわけではないのだ。

そのため、ヘッジファンドに運用を考える場合は、長期的な運用で利益を最大化することを頭に入れることが大切になる。

大きく分けるとヘッジファンドの課題点は以上になる。

そこで次は、この課題点を難なくクリアする優良なヘッジファンドを紹介していく。

安全で効率の良い資産形成をしたい人は必見だ。

ここがおすすめBMキャピタル

高利益が望めるヘッジファンドは少なくないが、高利益を維持しているヘッジファンドはそう多くない。

しかし、運用してから1度も損失を出していない安全な運用をしているヘッジファンドが存在するのだ。

それはBMキャピタルというヘッジファンドだ。

ということでここから、安全なヘッジファンドであるBMキャピタルについて簡単に解説する。

安全をモットーとしたヘッジファンド

守りながら安全に資産を増やすという考えを持つBMキャピタルは、上記の通り過去の運用において損失出したことはないという。

さらに、全ての年において平均10%の利率を誇っており、安全な運用かつ高利益を獲得することができるヘッジファンドと言える。

また、BMキャピタルを構成するメンバーは東京大学京都大学などの有名大学をし卒業後、外資系の金融銀行での経験があるようだ。

過去に1度も損失を出したことがないということもあり、構成メンバーはさすがの経歴である。

ここで、BMキャピタルはどのような投資法で年率10%を維持しているのか見てみよう。

BMキャピタルの投資手法
BMキャピタルは主に国内株式に運用しており、イベント・ドブリン戦略という投資手法で利益を得ているヘッジファンドだ。

このイベント・ドブリン戦略とは、個別の企業の重要な「イベント」を投資機会とする手法のことを言う。

具体的には、企業のM&A(M&Aアービトラージ戦略)の際や、リストラや組織の再編(スペシャル・シチュエーション戦略)時、破産状態で市場に放置されている企業に投資する(ディストレスト証券戦略)などがある。

以上のようなイベント時に投資を行うことで、BMキャピタルは安定した利益を上げることができるのだ。

さらに前述した通り、BMキャピタルの構成メンバーは金融のエリートであり、幅広い人脈を持つ。

そのため色々な情報を手にすることができ、他の企業よりも確実に利益を狙うことが可能となるのだ。

以上の様々な要因から、安全で高利益な運用を行うことができるヘッジファンドはBMキャピタルであると言える。

では最後に、今までのおさらいとしてヘッジファンドを理解する上でのポイントをまとめていく。

忘れてしまったことも次で一回思い出して確認するといいだろう。

まとめ

では今までの復習をしていこう。

以下のポイントを抑えることができれば、ヘッジファンドをしっかりと理解できたことになるだろう。

・リスクを避ける運用
・投資対象の限定性
・絶対収益
・運用手法の多様性
・マネジャーのリスク
・おすすめはBMキャピタル

ここで最後に、注意点として1つ。

世界的に見るとヘッジファンド会社はたくさん誕生してその大半が倒産するという。

このようにヘッジファンド会社は勢いを増して増えてきているため、これから先は優秀なヘッジファンド会社を選ぶ目が必要になるだろう。

そこでまずはおすすめのヘッジファンドであるBMキャピタルを調べてみてはいかがだろうか?

BMキャピタルを含めた日本のヘッジファンドランキング

The following two tabs change content below.
堀切 一

堀切 一

どうもはじめまして堀切一じゃ。 退職金を受け取ってから資産運用をはじめ、5年経った今ではのんびり孫と過ごしている生活を送れておる。 元々某外資系銀行に勤めていた(M&Aなども経験)と言うのもあり、当サイトで紹介しているヘッジファンドや投資信託の情報は持っていたんじゃ。 儂の運用実績についてはこちらに記載しておるぞ。

退職金の運用にベストな投資商品とは退職金の運用にベストな投資商品とは

投資信託が抱えるリスクとその対策を徹底解説投資信託が抱えるリスクとその対策を徹底解説

関連記事

  1. ヘッジファンドと投資信託の比較からそれぞれのおすすめ会社まで完全網羅

    ヘッジファンドと投資信託の比較からそれぞれのおすすめ会社まで完全…

    比較して見えるものとは、ヘッジファンドと投資信託の内情に迫る資産運用において多くの人…

  2. ヘッジファンドとは?運用初心者向けに詳しく解説!

    ヘッジファンドとは?運用初心者向けに詳しく解説!

    運用方法の1つのヘッジファンドを初心者向けに紹介みなさんはヘッジファンドをご存知…

  3. ヘッジファンドにおけるおすすめ会社ランキング

    ヘッジファンドにおけるおすすめ会社ランキング

    おすすめされる理由がヘッジファンドにはあるヘッジファンドの「ヘッジ」には、「避ける」とい…

運営プロフィール

PAGE TOP